衝動的な行動の抑制

衝動的な行動の抑制

 

欲望の大きい小さいは別にしても、何かしらの欲を持っているのが生身の人間の特徴の1つでもあるのです。

 

この欲望についても、セロトニンを増やすことと関係があるのです。ここでは、セロトニンを増やすことで欲望にどのように影響するのかについてお話します。

 

セロトニンを増やすことができるようになれば、食欲にしても性欲にしても自然と抑制されるようになります。普段の生活を振り返った時に、食欲や性欲が頻繁に現れるという方は、実際のセロトニンの量が足りていないことも多いものです。

 

それどころか、一時的な快感をつかさどっているドーパミンの量が基準よりも多くなっていることすら考えられます。

 

このセロトニンのことを考えると、空腹がよくやってくるのであれば、今一度セロトニンの摂取量について振り返ってみるのが良いでしょう。私たちがついつい食べ過ぎてしまう時は、まさにセロトニンの量に問題があることが多いものです。

 

もし肥満で困っているのであれば、この点から対策を打ってみることも1つの手です。他には、パチンコなどのギャンブル、アルコールやタバコを日常的にたしなんでいる場合、依存症にかかる可能性がありますが、この依存症を断ち切ってくれるのも、セロトニンによる効果が非常に大きいと言って良いでしょう。

 

このように、セロトニンは欲望を適度に抑え、衝動的な行動に走ることのないようにコントロールすることができるのです。

 

 

関連ページ

記憶力の強化
セロトニンを増やすことで得る効果「記憶力の強化」について説明します。
運動機能の強化
セロトニンを増やすことで得る効果「運動機能の強化」について説明します。
運動機能の強化
セロトニンを増やすことで得る効果「安定した呼吸」について説明します。
体内時計の正確な機能
セロトニンを増やすことで得る効果「体内時計の正確な機能」について説明します。
感情の安定
セロトニンを増やすことで得る効果「感情の安定」について説明します。