カフェインの量の見直し

カフェインの量の見直し

 

コーヒーを頻繁に飲む人は、カフェインを何かしらの形で摂取していることになります。

 

このカフェインは、眠気がどうしようもない時、集中力を高めたい時には非常におすすめであるし、全く摂取をしてはいけないということはありません。

 

しかし、カフェインを必要以上に取りすぎてしまうと、かえってセロトニンを増やすことに効果を発揮しづらくなってしまうので、それでは本末転倒なのです。

 

では、セロトニンを増やすためのカフェイン対策としては、どんな対策が挙げられるでしょうか。

 

この際に大切なのは、いきなりコーヒーを飲むのを完全に断絶しないことです。これを行ってしまうと、体がコーヒーを欲しがる状態が続くので、かえって禁断症状を招くことになりかねません。

 

それよりも、カフェインの量を徐々に減らしていくことの方が、対策としては大切なのです。

 

これならば、特に禁断症状を起こすようなこともないですし、下手にストレスを感じるようなこともありません。

 

もしカフェインを摂取すると、その分セロトニンの量が減少してしまうのです。これはカフェインによって、ビタミンB6などのセロトニンの生成に必要な栄養素が体外に排出されてしまうからだと言われています。

 

ビタミンB6などは、私たちの体には必要な存在ですから、せっかく摂取したのに吸収の能率を下げてしまうようなことは、やはり避けるようにしたいものです。

 

これを心掛けるだけでも、高い効果の期待できる賢いセロトニン対策が可能になるのです。

 

関連ページ

身体症状からのセロトニン不足の察知
まず対策をしたいのは、身体症状からセロトニン不足について察知してみることです。
精神症状からのセロトニン不足の察知
どういう精神状態になれば、セロトニンの量が客観的に不足していると読み取って良いのでしょうか。
幸せに感じた思い出の活用
過去の思い出を上手く活用することも、実はセロトニンを増やすための応用対策として考えられます。
チョコレートを食べる際の工夫
セロトニンを増やすためには、チョコレートに関しても一工夫してみると良いと言われています。
セロトニンを増やす漢方やハーブの活用
せっかくセロトニンを増やすことを考えているのであれば、漢方やハーブの活用も頭に入れておきたいものです。