セロトニンを増やす漢方やハーブの活用

セロトニンを増やす漢方やハーブの活用

 

せっかくセロトニンを増やすことを考えているのであれば、漢方やハーブの活用も頭に入れておきたいものです。

 

漢方にしてもハーブにしても、普段から頻繁に摂取しているのであれば、いつも通り活用すれば良いですが、普段からあまり使用しない人にとっては、敷居が高く感じるかもしれません。

 

しかし、いづれにしても、漢方はハーブで期待できる効果を理解して、その上でセロトニンを増やすための対策として活用していけば、それで大丈夫です。では、セロトニンを増やす漢方やハーブですが、一体どんな商品が挙げられるでしょうか。

 

まずはイワベンケイがおすすめです。この商品は、ロシアの漢方の代表格なのですが、ストレスを解消したり、やる気に満ち溢れた生活を送ったり、あるいは情緒を安定させると言った効果が出ていると言われています。

 

漢方なのであくまでも自然の力で治癒していくのですから、下手な禁断症状に陥って、体の状態が悪化してしまうことはなく、初めて使用する方でも、心の奥底から安心できます。

 

他にはエゾウコギがおすすめです。これはシベリア人参を使用しているのですが、だるい状態を解決したり、あるいは脳が上手く活性化されることに対して効果を期待できます。

 

このエゾウコギに関する研究は、海外の大学の医療センターでも進んでいるのですが、使用することによって不安や緊張を解きほぐすのみならず、日常生活におけるストレスをとにかく軽減することに関して、大きなパフォーマンスを発揮しているのです。

 

関連ページ

身体症状からのセロトニン不足の察知
まず対策をしたいのは、身体症状からセロトニン不足について察知してみることです。
精神症状からのセロトニン不足の察知
どういう精神状態になれば、セロトニンの量が客観的に不足していると読み取って良いのでしょうか。
幸せに感じた思い出の活用
過去の思い出を上手く活用することも、実はセロトニンを増やすための応用対策として考えられます。
カフェインの量の見直し
カフェインを必要以上に取りすぎてしまうと、かえってセロトニンを増やすことに効果を発揮しづらくなってしまうので、それでは本末転倒なのです。
チョコレートを食べる際の工夫
セロトニンを増やすためには、チョコレートに関しても一工夫してみると良いと言われています。