チョコレートを食べる際の工夫

チョコレートを食べる際の工夫

 

セロトニンを増やすためには、チョコレートに関しても一工夫してみると良いと言われています。

 

私たちがチョコレートをたしなんでいる時は、特に深いことは考えないものですが、とりわけセロトニンを増やすともなれば、話が違ってきます。では、一体どのような工夫をすれば、セロトニンを増やす方法であると言えるでしょうか。

 

そのポイントは、どの種類のチョコレートを食べるかについて知っているかどうかです。

 

チョコレートにも色々な種類のものがありますが、中でもおすすめなのは、ダークチョコレートです。この類のチョコレートは、他の種類のチョコレートと比べると、含有されている糖分が少ないのですが。

 

実はこれにこそセロトニンの量の増加となるカギが存在するのです。

 

ダークチョコレートには、レスベラロールと呼ばれている要素が含まれています。この要素は、あのポリフェノールの一種なのですが、これこそが体内におけるセロトニンの産出を助けてくれるのです。

 

実際にこれに関わる実験が、マウスを使用して行われた試しがあるのですが、この時もダークチョコレートを食べたマウスはセロトニンの量が増えたのです。

 

ダークチョコレートの定義については、国によって差異はありますが、セロトニン対策として考えるのであれば、カカオマスが4割以上は含有されたチョコレートを選ぶのが良いです。

 

商品によっては、ビターチョコレートとかブラックチョコなどと呼ばれていることもありますが、カカオマスの割合の条件を満たせば大丈夫です。

 

関連ページ

身体症状からのセロトニン不足の察知
まず対策をしたいのは、身体症状からセロトニン不足について察知してみることです。
精神症状からのセロトニン不足の察知
どういう精神状態になれば、セロトニンの量が客観的に不足していると読み取って良いのでしょうか。
幸せに感じた思い出の活用
過去の思い出を上手く活用することも、実はセロトニンを増やすための応用対策として考えられます。
カフェインの量の見直し
カフェインを必要以上に取りすぎてしまうと、かえってセロトニンを増やすことに効果を発揮しづらくなってしまうので、それでは本末転倒なのです。
セロトニンを増やす漢方やハーブの活用
せっかくセロトニンを増やすことを考えているのであれば、漢方やハーブの活用も頭に入れておきたいものです。