精神症状からのセロトニン不足の察知

精神症状からのセロトニン不足の察知

 

体内におけるセロトニンを増やすことができれば、それだけ体調が良くなったり、あるいは精神的にも安定することになります。

 

しかし、セロトニンを増やすことができないか、あるいはセロトニンの量そのものが減ってしまうようなことがあれば、まさに要注意であると言っても良いでしょう。ここでは、どういう精神状態になれば、セロトニンの量が客観的に不足していると読み取って良いのでしょうか。

 

まず、何をやるにしても、どこかやる気が起こらないような時は要注意です。これは一時的なスランプに陥ってモチベーションが下がっているという点も否定はできないですが、そもそもの話、セロトニンの量が原因で精神症状が変化しているのです。

 

たとえ自分の好きなことで、無我夢中になれるぐらいに熱中できるようなことであっても、どこかやる気が起こらないと感じたら、セロトニン対策を考えてみるのが良いでしょう。

 

他には、集中力そのものがなくなるようなこともあります。

 

そうなると、つまらないミスを連発したり、あるいは仕事の質そのものが下がってしまうといった現象すら起こるようになります。

 

また、これよりも状態がひどくなれば、少しのことでイライラするようなことが続いたり、あるいは他の誰かに対して怒りをぶつけるようなことだって良くあります。

 

もし感情的に高ぶる機会が最近多いと思ったら、下手に薬を飲んで解決しようとするのではなく、根本的に対策をしていくことの方が賢明です。

 

関連ページ

身体症状からのセロトニン不足の察知
まず対策をしたいのは、身体症状からセロトニン不足について察知してみることです。
幸せに感じた思い出の活用
過去の思い出を上手く活用することも、実はセロトニンを増やすための応用対策として考えられます。
カフェインの量の見直し
カフェインを必要以上に取りすぎてしまうと、かえってセロトニンを増やすことに効果を発揮しづらくなってしまうので、それでは本末転倒なのです。
チョコレートを食べる際の工夫
セロトニンを増やすためには、チョコレートに関しても一工夫してみると良いと言われています。
セロトニンを増やす漢方やハーブの活用
せっかくセロトニンを増やすことを考えているのであれば、漢方やハーブの活用も頭に入れておきたいものです。