身体症状からのセロトニン不足の察知

身体症状からのセロトニン不足の察知

 

これからセロトニンを増やすための対策をしていきたいのであれば、まずは基礎的な対策を行うことが一番です。

 

基礎はいかなる場合でも馬鹿にすることはできないですし、土台がしっかりできているからこそ、応用的な対策をしても結果が出るものです。ただし、セロトニンを増やす対策に慣れてくると、基礎だけではどこか物足りないと感じる時がやってきます。

 

そんな時は、応用対策も取り入れてみるのがおすすめです。それだけのことでも、期待できる効果は大きく異なってくるのです。では、セロトニンを増やすための応用対策としては、まずはどんな対策をすれば良いでしょうか。

 

まず対策をしたいのは、身体症状からセロトニン不足について察知してみることです。私たちの体は、色々な症状によって状態を客観的に示してくれるのですが、もしセロトニンの量が不足していると、色々な症状が出てきます。

 

例えばですが、特に何もしていないのに、どこか疲れを感じるような時は、セロトニンの量が足りないと考えて良いでしょう。他には、食事に関連する症状も挙げられます。

 

例えばですが、食欲をあまり感じることがないとか、ついつい食べ過ぎてしまうといった症状は、まさに黄信号だと言っても、決して過言ではありません。

 

また、偏頭痛が頻繁に起きることや、便秘や下痢の回数がやたら増えるような時も、セロトニンの量について疑ってみる方が良いでしょう。

 

大した症状ではないと思っても、放置しておけば大変なことになりかねないのです。

 

関連ページ

精神症状からのセロトニン不足の察知
どういう精神状態になれば、セロトニンの量が客観的に不足していると読み取って良いのでしょうか。
幸せに感じた思い出の活用
過去の思い出を上手く活用することも、実はセロトニンを増やすための応用対策として考えられます。
カフェインの量の見直し
カフェインを必要以上に取りすぎてしまうと、かえってセロトニンを増やすことに効果を発揮しづらくなってしまうので、それでは本末転倒なのです。
チョコレートを食べる際の工夫
セロトニンを増やすためには、チョコレートに関しても一工夫してみると良いと言われています。
セロトニンを増やす漢方やハーブの活用
せっかくセロトニンを増やすことを考えているのであれば、漢方やハーブの活用も頭に入れておきたいものです。