細切れ時間の活用

細切れ時間の活用

 

運動の時間をどこかで確保することは、現代人にとっては難しく感じるかもしれません。

 

というのは、何かと多忙なことが多く、まとまった時間をキープすることが困難なケースが多いからです。

 

そうなると、運動の時間をキープできず、運動に取り組むことができず、そしてセロトニンを増やすこともできないのではと心配になってしまうことでしょう。

 

しかし、そのような心配は無用なのです。というのも、セロトニンを増やすための運動は、必ずしもまとまった時間が必要であるとは限らないからです。

 

もちろん、まとまった時間が取れるならその方が理想ですが、そこまで理想を追求する必要はないのです。

 

それよりも大切なことは、細切れ時間を活用することです。では、これはどのように活用すれば良いでしょうか。

 

大切なことは、5分や10分という時間を軽視しないことです。

 

この時間は、あまりにも短いので、運動するには向かないのではと感じるかもしれませんが、実はそんなことはありません。たとえ5分や10分であっても、こういう時間をいかにして有効に活用していくのかが大切なのです。

 

例えばですが、仕事のちょっとした休憩時間にストレッチを行ってみるとか、移動中はエスカレーターやエレベーターではなく階段を使うという風に工夫をしてみるだけでも、運動の時間は十分確保ができるのです。

 

これならば、2時間の時間を確保するよりもハードルが低いですし、15分の運動を8回繰り返せば、2時間の運動を1回行うのと同じ運動時間になるのです。

 

 

 

関連ページ

ウォーキングがおすすめである理由
セロトニンを増やすための運動「ウォーキング」がおすすめである理由を説明します。
水泳がおすすめである理由
セロトニンを増やすための運動「水泳」がおすすめである理由を説明します。
ストレッチがおすすめである理由
セロトニンを増やすための運動「ストレッチ」がおすすめである理由を説明します。
ヨガがおすすめである理由
セロトニンを増やすための運動ヨガ」がおすすめである理由を説明します。
運動を三日坊主にしない方法
セロトニンを増やすための運動を三日坊主にしない方法を説明します。