トリプトファンの吸収

トリプトファンの吸収

 

食事の摂取において心がけておきたいこととして、トリプトファンの吸収についてお話します。

 

このトリプトファンは、セロトニンを体内で生成するための材料としての位置づけがあるのですが、この量が不足していないからこそ、セロトニンの量が不足するといった事態に陥ることがなくなるのです。

 

もしダイエットが必要な状況などになると、どうしても無理な食事をしてしまいがちなのですが、そんなことをしたところで、どういう結果になるのかについては、考えるまでもないことです。

 

間違ったダイエットの1つに、私たちに必要な栄養素を無理してでも抜くといった方法がありますが、これを繰り返していると、必要な栄養素を摂取することができず、栄養失調やストレスを招いてしまうことになりかねません。

 

もしトリプトファンをきちんと吸収できていれば、セロトニンの量に関して支障が出ることはなく、体内も満腹の状態になるので、効果的に食事対策ができるようになります。

 

現代では食生活そのものが乱れている傾向もありますが、この問題はトリプトファンの吸収によって解決します。

 

参考:トリプトファンを多く含む食品

食品中に含まれるトリプトファンの量(食品 100 g あたり)

  • バナナ 10mg
  • 牛乳 42mg
  • ヨーグルト 47mg
  • 豆乳 53mg
  • 白米 89mg
  • そば 192mg
  • アーモンド 201mg
  • 肉類 150〜250mg
  • 糸引納豆 242mg
  • プロセスチーズ 291mg
  • ひまわりの種 310mg
  • たらこ 291mg
  • すじこ 331mg

参考:wiki

 

関連ページ

ビタミンB6の摂取
ビタミンB6は、私たちの食生活においては、絶対に欠かすことができない栄養素の1つです。このビタミンB6は、セロトニンを増やす上では必須の栄養素であり、車で言えばガソリンと同じようなものです。
鉄分を多く含む食材の摂取
セロトニンを増やすための食事について考える際は、鉄分の摂取についても積極的に考えていきたいところです。
炭水化物とタンパク質の併用
炭水化物やタンパク質は、栄養のバランスの取れた食事においては、いずれも欠かすことができない栄養素であると言われています。
食事で心がけたいこと
単に摂取すべき栄養素のみに目を向けるのではなく、食事においてどのような心がけをしていけば良いのかについても、きちんと知っておきたいところです。
食事と運動との併用
実際に食事の効果をセロトニンを増やすことに繋げていきたいのであれば、食事のみならず、運動についてもケアをしていくことが、私たちにとっては大切なのです。