食事と運動との併用

食事と運動との併用

 

食事を心がけることは、セロトニンを増やす上では非常に大切なことですし、これを疎かにしてセロトニンを増やすことはできません。

 

しかし、どんなに食事のみをケアしたところで、他のことがケアできていないようでは、意味のないもので終わってしまう可能性もあります。

 

実際に食事の効果をセロトニンを増やすことに繋げていきたいのであれば、食事のみならず、運動についてもケアをしていくことが、私たちにとっては大切なのです。ここでは、是非とも考えておきたい項目である食事と運動の併用についてお話します。

 

そもそもの話、セロトニンを増やすのであれば、なぜこのことが必要になるのでしょうか。

 

それは、運動を取り入れることによって、リズムを取り入れることになるからです。食事の際は、咀嚼という行為が絡んでいますが、この咀嚼は言うまでもなくリズムが関係しているので、セロトニンに不可欠なリズムを体にしみこませていくことができます。

 

しかし、これだけではどこか物足りないと感じることもあります。こんな時、運動を取り入れていくことによって、リズムの量を少しでも多くしていくように心がけていくのです。

 

どういうリズムであっても、リズムこそがセロトニンの量のカギを少なからず握っているので、こういう視点を意識することが大切なのです。

 

また、運動を心がけていけば、脂肪燃焼やカロリーの消費を行うことができ、肥満を防止するといったメリットも生じてくるのも、運動の嬉しいポイントです。

 

関連ページ

トリプトファンの吸収
食事の摂取において心がけておきたいこととして、トリプトファンの吸収についてお話します。
ビタミンB6の摂取
ビタミンB6は、私たちの食生活においては、絶対に欠かすことができない栄養素の1つです。このビタミンB6は、セロトニンを増やす上では必須の栄養素であり、車で言えばガソリンと同じようなものです。
鉄分を多く含む食材の摂取
セロトニンを増やすための食事について考える際は、鉄分の摂取についても積極的に考えていきたいところです。
炭水化物とタンパク質の併用
炭水化物やタンパク質は、栄養のバランスの取れた食事においては、いずれも欠かすことができない栄養素であると言われています。
食事で心がけたいこと
単に摂取すべき栄養素のみに目を向けるのではなく、食事においてどのような心がけをしていけば良いのかについても、きちんと知っておきたいところです。